Asramのへや | 1月&2月のゲーム日記。ゲームに求めるものが、刺激から癒しへと変わる。 | Asramのへや

1月&2月のゲーム日記。ゲームに求めるものが、刺激から癒しへと変わる。

ゲーム

Asramです。

2月はとても忙しくバタバタしていましたが、ようやく落ち着き、今は平穏に過ごしています。
3月から気持ちを切り替えて作曲の学習に本格的に力を入れようと思っていて、今はそれまでの充電期間ということでゲームを楽しんだりしています。

ところで、1月のブログで「ドラクエⅨをやってて楽しいのでそのことをブログに書こう」みたいなことを書いてたのですが、その後プレイするゲームが少し変わりました。
流れを書くと、

ドラクエⅨStardew ValleyEuro Truck Simulator 2(検討中)

という感じです。

もともと私はMount&Blade Warbandというアクション要素のある戦略ゲームが大好きだったのですが、私の場合面白すぎて熱中しすぎる、なかなかやめられない、プレイ後疲れる、しんどい時はプレイできない、といった弊害があって、普段はあまりプレイしないようにしようと思いました。
音楽制作などで忙しさが増したというのも大きいです。
それで、気楽にできて疲れない楽しいゲームはないかと探し始めました。

まずドラクエⅨを導入しました。
はじめドラクエⅨにした理由は、中古で安く買えたことと、キャラメイクができるという理由でした(私の場合キャラメイクができるかどうかは重要なポイントです)。

 

ドラクエⅨ : ストーリークリアまでは良かったが、クエストの作業感にだれる

※ドラクエⅨの公式サイトです
http://www.dqix.jp/

最初プレイしたときは、以前のブログにも書いたのですが、ちょっとシンプルで物足りなさを感じていました。
しかしプレイしていくうちに、戦闘時にそこまで考えなくてもよいことが、自分を疲れさせない要因となりました。
気楽に戦闘できて、採取や錬金も楽しい、世界を旅する楽しさ(行けなかったところに行けるようになる)もあり、そこまで疲れなくてそこそこ楽しいという良さがありました。

ちなみに、メインストーリーっぽいのはクリアしています。
余談ですが、最初帝国の三将軍の一人のギュメイというキャラに勝てなくて、悔しくてパーティ強化に励みました。
なんかカッコいい敵キャラなので、これは一騎打ちで勝つしかないと思い、主人公を防御力500にして挑んだら、あっさり勝ててしまいました。
これはこのまま一人でクリアできるんじゃね、と思って進んでいったら、やっぱりあっさりクリアできてしまいました。
ギガンテスも、ギガントドラゴンも、トロルキングも防御力500の前にはかすり傷ひとつつけられません。
全ての敵は、防御力500の前になすすべもなく敗北していきました。

それはともかく、ストーリークリアまではそこそこ楽しめていたんです。
その後、クエスト(人々のお願い)をこなしていくのですが…。
これが辛い。
特に戦闘に関連するクエストです、例えば毒状態にして毒のダメージで倒すとか(倒れるまで何ターンも待たないといけない)、自分が受けたダメージを跳ね返して倒すとか(跳ね返るダメージは小さいのでこれも根気がいる)。
とりわけ、運が絡むクエストはしんどいものでした。
最後にやっていたクエストは「かいしんのいちげきで特定の敵を倒す」というものでしたが、これがなかなか出なかったりして、イライラが高まってしまいました。

こうしたクエストの作業感、イライラ感がプレイをやめる原因となりました。

その後、またそこそこ気楽にできて楽しめるゲームはないかと探して、農場経営ゲームStardew Valleyをやってみようと思いました。
これまで剣と魔法のファンタジーや戦争ゲームばっかりプレイしていて、この手のゲームは初めてでした。
選んだ理由は、友達がプレイしたいと言っていて気になっていた、評価が高い、ほのぼのしてる感じでよさそうと思った、価格が安い、といったものです。

 

Stardew Valley : 最初ほのぼのしていたが、どんどん忙しくなってきた

※SteamのStardew Valleyのページです
https://store.steampowered.com/app/413150/Stardew_Valley/?l=japanese

Stardew Valleyは現在もプレイ継続中です。
今ゲーム内2年目です。
評価が高いのも納得する、良いゲームでした。

農場を広げて作物栽培、家畜を飼う、採取、採鉱、釣り、などで得たアイテムを売却し、お金を稼ぎます。
クラフトでいろんな道具を作りだしたり、料理したり。
町の住人とコミュニケーションをとり、関係を深める。
鉱山でのRPG的要素、敵を倒して素材集め。
多数のイベント。
などなど、要素がたくさんあります。
私としては、要素が多いのももちろん楽しいのですが、何か一つ達成するごとにやれることが増えていくというところに楽しみを覚えました。

しかし、それでいて気楽にプレイできる。
絵や音楽の雰囲気は昔のスーパーファミコンやプレステ1の感じで、懐かしさとほのぼの感があります。
難しいことは何もないです(たまにわからないことが出てきたりしますが、釣り餌が付けられないとか)。
そして大きいのがセーブの方式です。
セーブはいつでもできるわけではなく、ゲーム内で一日が終わって次の日の朝に起きたときに自動でセーブされるようになっています。
これが良い意味で、ゲームを終える区切りを作ってくれます。
RPGだと、例えば「このダンジョンとかクエストをクリアする」が区切りになりやすいのですが、これだと場合によっては時間がかかってしまいます。
ドラクエの場合は能動的に教会に行って神父さんに話しかけないといけません。
しかしStardew Valley強制的に区切りを作ってくれます。
これがサクッとプレイしてやめられるという気楽さに結びついていると思います。

そういうわけで、Stardew Valleyは、私の場合、気楽にプレイできて、とても楽しめて、プレイをやめやすいという理想的なゲームとなりました。
良いゲームに出会えたものです。

しかし、2年目に突入して、大規模農場を経営するようになってくると忙しくなってきました。
ゲーム内の一日の時間は、リアルタイム10秒くらい?で10分進んでいき、主人公は夜になったらベッドに入り寝なければなりません。
つまり、一日の時間が限られている中で、前述の要素のところで述べた諸々の行動をこなさなければならないのです。
大規模な農場になると、耕したり作物を植えたり収穫するだけで一日が終わってしまうこともあります。
つまり、行動を急がなきゃいけないという心理になってしまいます。

このあたりになってくると、楽しいんだけれども少し疲れるし、のんびり感がなくて癒されない、といった感覚になってしまいました。
この点だけは求めていたものと違いました。
プレイを完全にやめはしないものの、他にもっとほのぼのしてて楽しいゲームはないかと思いました。

そしていろいろ探した結果、導入を考えているのがEuro Truck Simulator 2というトラックを運転するゲームです。

 

Euro Truck Simulator 2 : 音楽を流せる点が良さそう

※SteamのEuro Truck Simulator 2のページです
https://store.steampowered.com/app/227300/Euro_Truck_Simulator_2/?l=japanese

トラックを運転して配達をするゲームらしいです。
私は未購入で、デモ版をまずやってみようと思います。

このゲームは、Steamの評判を見たらとても高評価で、レビューを見たら「癒し」とか「リラックス」とかいうワードが出てきました。
また、運転中にラジオや音楽を流せるということも書いてあり、これも良さそうと思いました。
私はあんまり自分から曲を聴くタイプではなく、他人から勧められたとか何か理由がなければなかなか音楽を聴けません。
しかし、ラジオみたいに勝手に流れてくるものであれば、聴けるかもしれないと思っています。
ただラジオや自動でいろんな音楽を再生してくれるサービス(私はAmazon Musicを使っていますが)などは、それだけ流していても途中で聴くのを止めてしまうので、ゲームと一緒に流せたらよいのではないかと思いました。
もしかしたら良い曲に出会えるかも、と思い。

問題は、操作がちゃんとできるようになるかどうかでしょうか。
今後が楽しみです。
後々追って報告しようと思います。

 

Homeへ

コメント